たまには見沼を離れて9/3「秋ヶ瀬公園」




今週は土曜日も仕事です。午後遅くには終わるのですが…天気もあまりよくないようですので、フィールドに出れるかどうか心配です。日曜日も天気は悪そうなので…辛い週末になるかもです。
さて、火曜日に埼大への出張がありましたので、近くの秋ヶ瀬公園に行ってきました。
渡り途中の鳥を期待したんですが…一ヶ所大砲が並んでいたところがありましたが、僕は近づかずに…結局何も見れずでした。笑
写真ですが…
1枚目…アオスジアゲハです。
2枚目…ムラサキツバメです。南方系のチョウですが、温暖化、または食草のマテバシイが街路樹として盛んに植えられたことが原因で北上しているようです。
3枚目…鳥の写真がないのも…9月に見沼自然公園で撮りましたカルガモです。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

バーディー隊長さん。そうでしたか…ツツドリですか。何が飛来していたのか…ちょっとのぞけば良かったと後悔しています。笑。いろいろとお話をしていただけれる方もいらっしゃるので…合流もしないとですね。カメラなしのバードウォッチャーだった頃、「何がいるんですか?」って聞いても返事をしてくれなかったことが何回かありトラウマになっていまして…まあ昔の話ではあるんですが…笑

No title

MOONさん。ナイスありがとうございます。僕もMAX250mmで頑張っています。カメラなしのバードウォッチャーだった頃、「何がいるんですか?」って聞いても返事をしてくれなかったことが何回かありトラウマになっていまして…まあ昔の話ではあるんですが…笑

No title

ヨッシーさん。ナイスありがとうございます。そうでしたか…僕は東京の私大ですが…勤務校ではないのですが、いろいろお世話になっている方に埼大の地学教室をでられた方が何人かいます。共通の知り合いがいるかもですね。大御所の堀口先生には何回かお会いしています。

No title

PのNさん。ムラサキツバメ…ツマグロヒョウモンやナガサキアゲハのように分布を北に広げているようです。温暖化も一因あると思います。アオスジアゲハももともと南方系のチョウのようですね。MAX250mmですので…なかなか太刀打ちができないです。笑

No title

こんにちは!
「カルガモ」ね~!
この時期日本で見られるのは、「カルガモ」の様ですね。
初夏の時期、巣を見付けましたよ。
無事巣立ったのか?
まあ~なんと!自然は、感動に溢れていますよね。
良い画像、これからも期待します。

No title

こんばんは。カルガモの嘴についている水滴がキラキラ。可愛らしいです。
アオスジアゲハが止まってますね~。動きが早くって撮れません(^ω^)
今年はアカボシゴダラをよく見かけます。温暖化ですかね。
埼大に行かれる事があるのですね。一度訪ねてみたいと思っているのですが。。(^_^;)

No title

ムラサキツバメ、香川県でも増えているようです。
こちらではシギチ類の数が増えつつあります。
もう1ヶ月もすれば冬鳥達も姿を見せ始めると思います。
ナイスです。

No title

アオスジアゲハが、綺麗に撮れましたね。ナイス

No title

55oyaziさん。一応鳥がメインのブログですので(笑)…夏場は他に鳥の写真が撮れない時はカルガモにお世話になる機会が多くなります。こちらでも今年はたくさんのカルガモ親子をみました。でも多くは2羽から3羽ぐらいしか成鳥になれなかったと思います。それでも過酷な自然の中で…頑張っていますね。

No title

だるまんさん。鳥の写真が撮れない時はこの時季はカルガモに登場してもらっています。でも撮るたびに表情は違いますので…楽しみでもあります。アカスジは吸水中のようで…上手く止まってくれました。アカボシ…温暖化の影響も多々あると思います。埼大へはセンター試験の願書をとりに行きました。笑

No title

ガラパゴスさん。ナイスありがとうございます。ムラサキツバメ…そうですか…やはり温暖化の影響が強いのかもしれませんね。こちらは内陸部なのであまりシギチは期待できないのですが…9月下旬にはカモ類の第一陣が飛来しますね。

No title

キンタさん。ナイスありがとうございます。吸水していたんだと思うんですが…割とじっとしてくれました。

No title

今日、職場の楠の木の下で、子どもたちが
アオスジアゲハの幼虫を見つけて来ました。
そろそろ、まだ動いてはいたけど
そろそろサナギ体制、何となく透き通ってきていました。
明日には、飼育ケースの中でサナギになっているかと・・・
幼虫は、かわいいのに、成虫になった途端、こわいに変わってしまいます。
遠くから見ている分にはなんとか・・・

No title

秋が瀬へ行きましたか。私は最近遠ざかっていますが、大砲が並んでいたとは気になりますね。
見沼のカルガモにナイス。

No title

ムラサキツバメは珍しいですね。ナイス!
なかなか羽を広げてくれそうにありませんね^^;
秋が瀬でも渡り途中の野鳥には会えませんでしたかぁ。

No title

アオスジアゲハは翅を閉じていても、十分に美しさが感じられますね。前回里帰りした時に、住宅街で飛んでいる姿を見て、ハッとさせられるほどの輝きでした。二枚目のシジミも不思議な斑点模様で、他種と比べて異彩を放つ存在ですね。ナイス!

No title

ほしみさん。そうですか…幼虫から蛹に変化するところに出会われたんですね。貴重なシーンが見られましたね。僕的には幼虫の方が…なんですが(笑)…子どもたちは幼虫の方が可愛いいんですね。

No title

keyさん。ナイスありがとうございます。大砲ですが、バーディー隊長さんによるとツツドリ狙いだそうです。何人かの方が撮影されて掲載していますね。

No title

Kotaniさん。ナイスありがとうございます。ムラサキツバメは実は初めて見ました。分布を広げている話は聞いていたのですが…今度は表翅を撮りたいです。秋ヶ瀬…ツツドリが来ているようです。

No title

ツユキさん。ナイスありがとうございます。アオスジアゲハ、もともと南方系のチョウのようです。表も裏翅も綺麗なチョウですね。ムラサキツバメは温暖化などの影響で北上中のチョウのようでして…表翅は綺麗な紫色です。
プロフィール

noharatsugumi

Author:noharatsugumi
見沼の野鳥を中心とした自然を紹介しています

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR