見沼たんぼの野鳥7/19「カルガモ」






こちら関東平野部も17日に梅雨明けです。
梅雨明けと同時に少しフィールドに出る時間がとれるようになりました。
17日は午後に見沼自然公園、18日は早朝に自宅周辺の大宮公園、19日は午後に自宅周辺の市民の森南側の芝川と見沼代用水西縁に挟まれた田畑をまわりました。
これからは「自宅周辺の野鳥」のタイトルは「見沼たんぼの野鳥」になります。
さて、この三日間で見られた鳥ですが…
カルガモ キジバト カワセミ ツバメ ヒヨドリ オオヨシキリ シジュウカラ ホオジロ カワラヒワ スズメ ムクドリ ハシボソガラス ハシブトガラス
の計13種類です。
写真ですが…
1枚目…芝川のカルガモ親子です。ここでは5羽が無事に育っています。右上の個体が母親のようです。
自然公園はトンボの楽園になっています…
2枚目…ウチワヤンマです。
3枚目…ショウジョウトンボです。ヒメガマの穂先に止まりました。
他にもチョウトンボやベニイトトンボや…今回は上手く撮れませんでしたので…次回、リベンジです。
4枚目…市民の森南側で…オオシオカラトンボです。
5枚目…芝川土手で…ツバメシジミです。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

カルガモ、大きくなっも子どもは子ども。
羽や、全体のすっきり感がやはりお母さんと違いますね。(笑)
巣立つ時期はもうすぐなのかしら?

ウチワヤンマ、名の通り、尾にウチワを二つもつけて。。
どんな役割を果たしているのかしら?

トンボもいろんな種類がいるんですねぇ。
この時期、たくさんの昆虫が見られますよね。
だから好きです、夏。

No title

いつも感心して見ているのですが、ウチワヤンマ、ショウジョウトンボ、ツバメシジミの画像の素晴らしいこと。ポチ。

No title

カルガモの雛が親鳥と変わらぬ大きさになっても、
未だ親鳥に見守られて育っているんですね。
トンボ、蝶も梅雨明けした夏にぴったりですね。

No title

ショウジョウトンボの赤色がとっても綺麗ですね、ポチっと。
こちらではウチワヤンマよりもタイワンウチワヤンマの方が多く見かけるように思えます。
そちらはどうなんでしょうか?

No title

かるがも、きれいにみんなにピントが合ってますね~ポチ♪
トンボたちもステキですよ(^_^)v

No title

ちゃむさん。そうですね…もうそろそろ親離れかもしれませんね。ウチワの意味は…進化の過程できっと何か意味があると思いますが…今度調べてみますね。虫たちの賑やかな夏到来ですね。

No title

kenzさん。ポチありがとうございます。望遠で撮っていますので…今度はマクロレンズが欲しいです。

No title

メイさん。そうなんです…まだ親の保護があるようですね。でもそろそろ巣立ちかもですね。写真の方はしばらくはトンボになるかもです。

No title

ガラパゴスさん。ポチありがとうございます。ショウジョウトンボはついついカメラを向けてしまいますね。タイワンの方はまだ埼玉には北上していないかもです。

No title

カバ君さん。ポチありがとうございます。梅雨も明けて光がたくさん降り注いでいましたので…なんとか撮れました。

No title

とんぼがきれい!
ポチWで!

No title

こんばんわ
トンボさんたち上手に綺麗です。さすがですね。
超ポチッ+++

No title

yankouさん。Wポチありがとうございます。日差しが出ていると…明るく撮れますね。

No title

KF-Naishinさん。超ポチありがとうございます。日差しがあると…明るく撮れますね。
プロフィール

noharatsugumi

Author:noharatsugumi
見沼の野鳥を中心とした自然を紹介しています

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR