見沼たんぼの野鳥3/27





天気はあまりよくありませんでしたが、職場に行く途中でちょっと田んぼによってみました。曇りにもかかわらず、散歩や写真や結構人が出てました。
午後は、ちょっと早めに仕事があがれたので、久し振りに市立病院前の芝川に行ってみました。この辺りも野鳥観察のポイントになっている場所なので…
しかし、護岸工事が始まってました。
写真左側にある木(ハンノキでしょうか)ですが…。この木を「見沼の主」と名付けられた方がいらっしゃって(本当にそう思えます)…ずっと見沼を見守ってきた木は…どうなるんでしょうか。
また、護岸工事によってアシ原が減少しなければいいのですが…
何か寂しい風景でした。
その後、心機一転、見沼自然公園によりました。
ツバメが1羽。私の今年の初見です。聞きなれない囀りだと思ったらアオジでした。春です。
いろいろありましたが…今日、見られた鳥です。
カワウ カルガモ コガモ コジュケイ(V) キジ クイナ バン ユリカモメ キジバト コゲラ ツバメ ヒヨドリ モズ ツグミ ウグイス(V) シジュウカラ メジロ ホオジロ アオジ カワラヒワ シメ スズメ ムクドリ カケス ハシブトガラス の計25種類です。
写真は「今日のクイナ」です。
花は、自然公園に咲いていた…ハナダイコン・ショカツサイ・オオアラセイトウ…いろいろ名前があるそうです。田んぼよりは台地上の道端で咲いてることが多いですね。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

どうして、こんな工事が必要なんでしょう?護岸を造る前に他にやるべき事があると思うんだけど...寂しいですね!そんな環境でも文句言うことなく健気に生きる動植物たちに”ポチ”

No title

野原さん、よく行って下さいました、ありがとう。胸が詰まる想いで写真拝見しました。右側の芦原無くなっていますね。開発する必要と言うより市の土木予算と建設業界の必要からなんでしょうけど、多くの水生生物と鳥達の生きる場所がまた無くなってしまいました。むごいことです。

No title

河川工事をすると今まで見られた蝶やトンボ、野鳥までが姿を消してしまいますよね。。地元でも2年前から河川工事が行われていて自然環境は出来るだけ残す工事ですが、それでも2年前までは出会えた出会いの少ない トラフシジミが工事の年から見られなくなりました。。止む得ないと思う気持ちと本当に今その工事が必要なのかな~と複雑な気持ちですね。

No title

Blackdogさん。ポチありがとうございます。本当にそう思います。山でも全く使っていない林道や落石で使えない林道をよく見ます。でも、こんな環境でも健気に生きる動植物たちですね。本当に彼らにエールを送りたいですね。

No title

Johnnyさん。いつも東縁ばかり見ていたので、ちょうど良い機会だと思って行ったら……でした。Johnnyさんの「見沼の主」の写真と比べると変貌の様子がよくわかりますよね。さらに、コンクリートで固めてしまうと思うと…。ただ一番心配なのは…木がどうなるかですね。見沼の主を失いたくありませんね。

No title

Kappaさん。本当にそう思います。カモ類は残れると思いますが…アシ原の減少が今の見沼にとっては、大打撃になると思います。オオヨシキリやセッカ、ホオジロ科、ヨシゴイとか…気になるところです。

No title

河川工事は、人間の都合上必要なのでしょうが、自然を愛する我々には、悲しい事ですね。また一つ自然が無くなりました(涙)。クイナ綺麗に撮れましたね。☆ポチ

No title

キンタさん。ポチありがとうございます。さて、本当に悲しいことですよね。今の自分にやれることは、見沼の身近な自然をどんどん紹介し、できれば多くの人に伝えたいですね。まあ、肩を張らずに頑張ります。

No title

やはり工事をすると、野鳥の数は減ってしまうそうですね。この世の中は矛盾していることが多いです。何のために?と疑ってしまいます。クイナ大きく撮れています、距離が近そうですね。

No title

UMEさん。山に行ってもそうですが…確かに何のためにって言う土木工事は多ですよね。それによって自然が破壊されている…皆が貴重な地球の財産をつぶしているっていことに気づいて欲しいですよね。
プロフィール

noharatsugumi

Author:noharatsugumi
見沼の野鳥を中心とした自然を紹介しています

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR