見沼たんぼの野鳥1/22



今日は埼玉平野部も薄ら雪化粧でした。
さて、昨日、曇天でしたが見沼自然公園に1時間程行ってきました。
見られた鳥ですが…
カイツブリ カワウ カルガモ コガモ ヒドリガモ オナガガモ ホシハジロ バン オオバン ユリカモメ キジバト カワセミ コゲラ ハクセキレイ セグロセキレイ ヒヨドリ モズ ツグミ シジュウカラ メジロ アオジ カワラヒワ シメ スズメ ムクドリ ハシボソガラス ハシブトガラス
の計27種類です。
見沼自然公園の池の周りにはアシが生えていて…
(見沼たんぼの私のフィールド内でアシ原が激減…それに依存する鳥が減少…この事実を…ブログを始めたきっかけの一つでもあります)
シジュウカラは一生懸命、アシの茎の中から虫を探して食べています。アシにも齧られた跡がたくさんありますね。
私は今日は見れなかったのですが…アシの茂みにクイナのつがいらしきが…
カワセミがアシに止まり(それにしても嘴が鋭いですね)…
アシ原の存在が、見沼自然公園に鳥が多い一つの理由になりそうですね。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

アシ原の存在が、大事なんですか? いまもかなり急速に環境が変わっていっているようですね。
ということは、秋田のほうでもアシ原でシジュウカラを見れるのかな? 近くにアシ原はあるのですが、小鳥たちの姿は、、、? ▼秋田の元・魚や

No title

葦原の中にたくさんの野鳥が隠れていますね!こちらでも私が子供の頃に比べると激減してます!

No title

シジュウカラの羽は光が当たるととても綺麗なのですよね。。この綺麗な羽を撮影出来るチャンスは少ないです。。確りと撮影が出来ていてシジュウカラの羽もとても繊細で綺麗です。。

No title

野鳥を観察する前は、葦原の存在は無意味のように思っていましたが、今では大好きになっています。
いつまでも残してほしいと思っています。

No title

シジュウカラは可愛い小鳥で大好きですが、アシの茎の中の虫を食べているのですか、それとカワセミのこの角度の写真、嘴の鋭さにビックリです。ポチ。

No title

aki hachi sakanaya kiku さん。そうなんです、野鳥にとってアシ原がすごく大事な存在になっています。餌場としてでだけでなく、隠れ場(休息場所)としても貴重な存在です。アシ原は人間にとっては…あまり役に立つ存在ではないので…どんどん減少しているのではないでしょうか。夏になれば秋田でも、アシ原からオオヨシキリやセッカの声が聞こえると思いますよ。

No title

MOONさん。本当ですね…このまま開発が進むと、アシ原の存在は今の日本にとって、かなり厳しい状況になってしまいそうですね。

No title

Kappaさん。ありがとうございます。シジュウカラは特に背中の色が綺麗ですよね。欲を言えばもう少し陽が射していて欲しかったです。

No title

UMEさん。本当ですよね。アシ原は特に幼鳥などの隠れ場としてもすごく大切な場所ではないかと思います。何とか残して行きたいですね。

No title

kinosさん。ポチありがとうございます。シジュウカラは昆虫食がメインですね(嘴の形で食生活がわかります)。特に繁殖期にはかなりの虫を捕っていると思います。カワセミの嘴、本当に鋭い感じですよね。

No title

葦原も減ってきていますので鳥達の子育て場所もも減っているのでしょうね。何とか残してやりたいものです。

No title

てんとう虫さん。そうですね、アシに巣を造るオオヨシキリや、それに托卵するカッコウなどが減っているのではと思います。本当に何とか残して行きたいですね。

No title

シジュウカラさん頑張ってますね。
加田屋川に沿って飛んでいるカワセミは見かけるのですが、
見沼自然公園ではカワセミに出会ったことがありませんよ~。

No title

へいへいさん。写りがよくなかったのですが、私も先日は加田屋川で魚を捕っているところを撮りました。一見、汚そうな川ですが…カワセミが魚を捕っているシーンをみると…加田屋川もすてたもんではありませんね。
プロフィール

noharatsugumi

Author:noharatsugumi
見沼の野鳥を中心とした自然を紹介しています

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR