見沼周辺の野鳥8/14「夏の田んぼ」

チュウサギ

チュウサギ2

チュウサギ3

チュウサギ4

ダイサギ

シオカラトンボ

トノサマバッタ

コガマ

ヒメガマ

タカサブロウ

クサネム

ジュズダマ

シロバナサクラタデ

昨日は午前中に伊奈町・蓮田市の綾瀬川低地をまわりました。水田が広がっています。
シラサギが10羽前後いたんですが…ダイサギかチュウサギか写真判定することにしました。
1〜4枚目…チュウサギです。胸にも飾羽があるのが決め手になりました。4枚目は分かり辛いんですが…胸に飾羽らしきがあります。
5枚目…ダイサギです。気持ちクチバシが長い感じです。
6・7枚目…シオカラトンボと多分トノサマバッタです。
8枚目から…コガマ、ヒメガマ、タカサブロウ、クサネム、ジュズダマ、シロバナサクラタデ(白花のイヌタデですかね)でしょうか。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

たしかに

noharatugumiさん、おはようございます。
確かに、ダイサギだけ、目よりも後ろまでクチバシが切れ込んでますね。
ガマの穂立派ですが、私の方の河原では去年の台風でヒメガマが全滅してしまいました。自然は凄いです。

こんにちは

胸に飾羽があるのがチュウサギ!からだの大きさの違いもありますか。
わたしには見分けが難しいです(笑)

シオカラトンボ、先日撮って来たので、近いうちにUPしますね。
ガマの穂を花瓶に挿して、数日眺めていたのはいいのですが、
その内、穂綿がいっぱい飛んでアララ状態に。もうガマの穂は挿しません(笑)

No title

鳥や虫、植物と自然は綺麗ですね。稲田の緑にチュウサギ、ダイサギの白は良く合いますね。
ダイサギとチュウサギの判定いつも悩んでします。

No title

ダイサギとチュウサギ見分けがつきにくいです。
口が、目玉より奥まで裂けているのがダイサギと、
教えてもらったことがあります。しかし、実際に見ると微妙です。やはり、私は難しいです。
5番目は、確かに裂けています。

Rinさん

そうですね…今回の写真は口角もわかりやすいかもですね。
ガマ、こちらではまだいくつかの場所で見ることができます。
でも見られる環境を維持していくのは大変かもです。

taiさん

体はダイサギの方がかなり大きいです。
一緒にいてくれればいいんですが…個別にいると比較ができないために識別が難しくなる場合があります。
シオカラトンボ、こちらでもたくさん飛んでいます。トンボの季節です。
確かにガマの穂…野外でも見ていますが…大変なことになりますね。掃除がかなり大変だったのではないでしょうか。

kenskzさん

青々とした稲穂が一番いい季節かもですね。
田んぼの自然もよく見ると賑やかです。
ダイサギとチュウサギの識別、僕もなかなか手強い時が何回もありました。

コサギさん

今回の写真は口角も割とわかりやすかもですね。
3枚目の写真が首が細く長くかなり微妙だったんですが…首を伸ばしていないときはチュウサギで間違いないと思いました。
夏羽の名残で目の前が緑色ならばダイサギも識別ポイントになるかもですね。

こんにちは。

稲が青々としていて、サギの背景には良いですね。
そろそろ新米ですね。
だんだん秋に、向ってますね~(^O^)♪

rumiさん

予報では猛暑もこの土日で少し…見たいですが…予報がはずれないでくれればですね。笑
稲もしっかりと育っている感じですよね。
野菜は高騰しているみたいですが…なんとか落ち着いてくれればです。
季節は確実に秋に向かっていますね。
プロフィール

noharatsugumi

Author:noharatsugumi
見沼の野鳥を中心とした自然を紹介しています

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR