たまには海外へ2/14~18「メルボルン St Kilda でフェアリーペンギン」

ペンギン0

ペンギン1

ペンギン2

ペンギン3

シロハラコビトウ1

シロハラコビトウ2

ギンカモメ

ギンカモメ2

オニアジサシ

昨日、無事にAUから帰国しました。
今回も意外と写真が撮れましたので数回アップができそうです。
本日はメルボルンの St Kilda の桟橋(Pier)で撮りました写真です。
1〜4枚目…Fairy Penguin (Little Penguin)の幼鳥 です。
4枚目から1・2枚目に向けて成長しています。1枚目も下腹にはまだ幼羽があります。
親鳥は朝から夕方まで餌取で沖に出ているようです。
看板の解説にはGrumpy Penguins と書かれていました。グランピーとは不機嫌なという意味ですが…まさに3枚目はそんな顔をしています。笑
5・6枚目…Little Pied Cormorant シロハラコビトウです。6枚目はメルボルン街中の公園で撮りました。
マオリ語ではkawaupaka だそうです。カワウパカ 偶然の一致ですかね。
7・8枚目…AUのどこでも見られるSilver Gull ギンカモメです。8枚目は同じく街中の公園です。
9枚目…Crested Tern オニアジサシだと思います。*和名はオニではなくオオアジサシでした。ご指摘ありがとうございます。
メルボルンのあるビクトリア州ではnear threatened(準絶滅危惧種)に指定されているようです。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

おかえりなさい

noharatugumiさん、おはようございます。
おかえりなさい。
まさに街中でも動物園にいるようです。最初のはペンギンなんですね。海鳥とは思いましたけど。
カモメやアジサシも、カワウみたいなやつもみんな野生的というか、夷人的?です。^_^

ギンカモメ

お帰りなさい。お疲れさまでした。
ギンカモメ、ユリカモメなどに少し似ているので嬉しいです。
オニアジサシも良いですね。
フエアリ-ペンギンの幼鳥は可愛いです。

No title

こんにちは、メルボルンの野鳥、楽しく拝見させていただきました。
昔オーストラリアで鳥を見た事を懐かしく思い出しました。
ところで、Crested Ternは和名オオアジサシですね、
オニアジサシはCaspian Ternです。


No title

外人さん(海外の鳥さん)
ちょっと、目つきが違いますね。😊

No title

引率お疲れさまでした。
不機嫌なペンギンですか、洒落ているようで、どこか注意喚起しているような看板ですね。日本にいるカワウ、ウミウもシロハラコビトウのようならもう少しブログの登場も増えそうですね。

おはようございます。

おかえりなさい。お疲れ様でした。
ペンギン、野生なんですか?
って、日本では動物園でしか見れないですよね。
St Kilda の桟橋を、グーグルマップで見て見ましたよ。
世界は広いな~。

No title

おかえりなさい。
お疲れ様でした。

やっぱり、オーストラリアは野鳥の宝庫ですね。

Rinさん

無事に帰国いたしました。
同僚がホテルからトラムで30分ぐらいで行ける海岸にペンギンがいると…
飼われているペンギンではと思ったのですが…自然のペンギンでした。笑
ほんとAUの鳥たち…どこか日本人(?笑)離れした顔ですよね。
あと2回ぐらい掲載いたします。

kenskzさん

何事もなく無事に帰国いたしました。
そうですね…ギンカモメはユリカモメに似た感じです。
でもちょっと目付きが違う気がしますね。
オニはオオでした。
ペンギン、まさか見れるとは思ってもいませんでした。

凹凸ダックさん

ご訪問とコメントありがとうございます。
ダックさんもメルボルンにいらしたんですね。
鳥が多いところですよね。
オニとオオの件、ご指摘ありがとうございます。早速、訂正いたしました。
この後も2回ぐらい掲載いたしますので、今後ともご訪問いただければ幸いです。

コサギさん

そうなんです…
どこか顔つきが違いますよね。
いくつかの日本の動物園にフェアリーペンギンが飼われているようですので、姿を見てみたいです。もしかしたら日本ぽい顔だったりして…笑

バーディー隊長さん

何事もなく無事に帰国いたしました。
最初、看板に書かれていたグランピーペンギンが種名かと思ったんですが…ちがいました。
ほんといろいろな意味を含めている感じですね。
確かにカワウも…人気が出ること間違いなしです。

rumiさん

何事もなく無事に帰国いたしました。
同僚がホテルからトラムで30分ぐらいで行ける海岸にペンギンがいると…
実は僕も飼われているペンギンではと思ったのですが…自然のペンギンでした。笑
フェアリーペンギンはシドニーの海岸でも見られるようです。
そうなんです…グーグルマップにでますよね。
いろいろなところで鳥を撮りたくなります。

ほしみさん

何事もなく無事に帰国いたしました。
前回のブリスベンに続き今回もたくさんの鳥たちを撮ることができました。
あと2~3回程掲載できると思います。
ほんとAUは野鳥が多いです。

No title

お帰りなさい。
フェアリーペンギンの幼鳥、可愛いですね。
日本では見られない鳥さん達にいろいろ出会えたようですね。
ブログが楽しみです。

こんばんは

お帰りなさい。お疲れさまでした。

ペンギンの幼鳥なんですね。不機嫌そうな顔です(笑)
今思い出しました。
昔…30年ぐらい前、オーストラリアでペンギンの行進を見たのを。
海から上がって来るペンギン、仲間のすべてのペンギンが上がるのを
待って集団でねぐらに帰るのです。仲間思いですね。
ガイドさんがフラッシュをたかないように注意してました。
光で目が悪くなるそうです。

次回楽しみにしています(^^)/

ヨッシーさん

まさか自然のペンギンが見られるとは思っていませんでした。
同僚の情報で見に行ってきました。
今日は河津桜と梅に飛来したメジロを撮ったんですが…
AUの鳥を先に掲載する予定です。

taiさん

ペンギンの行列、メルボルンから車で2時間程行ったフィリップ島でしょうか。
有名な観光地ですね。
実はこのペンギンと同じ種類になります。
メルボルンからトラムで20分ぐらいの場所なんですが、夜に行けば個体数は少ないのですが行列が見れるようです。
さすがに夜は行けませんが、昼間の幼鳥を見ることができました。
プロフィール

noharatsugumi

Author:noharatsugumi
見沼の野鳥を中心とした自然を紹介しています

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR