見沼たんぼの野鳥10/17




昨日も午後に1時間ほど見沼自然公園周辺をまわりました。
見られた鳥ですが…
ダイサギ チュウサギ カルガモ ヒドリガモ オナガガモ バン キジバト ハクセキレイ ヒヨドリ モズ シジュウカラ メジロ ムクドリ ハシボソガラス ハシブトガラス
の計15種類です。
写真の方は、エクリプスから生殖羽になりつつあるオナガガモ♂が3枚です。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

オナガガモ、羽が少しずつ変わっていくのですね。
こちらでは、バンの姿が見られなくなりました。それから、目立たないところに、オオバンが数羽来ていました。

No title

羽が 変わっていくのですか?今まで知らなかった世界が広がり楽しくなります。「ポチ」

No title

UMEさん。そうですね、生殖羽からエクリプス羽は羽がもろに抜けますが(飛べなくなるので、目立たないように雄も地味な色になります)…エクリプス羽から生殖羽へは、羽が擦り切れて綺麗な羽になります。こちらでは、オオバンも結構見られるはずですが…今年はまだ来ていないようです。

No title

笑公子さん。ポチありがとうございます。そうなんです…雄の場合は求愛するために綺麗な生殖羽になりますが、繁殖後は羽がもろに抜けてしまいます。これをエクリプス羽といい、天敵から目立たないように地味な色になります。エクリプスから生殖羽へは、羽が磨り減って綺麗な羽に変ります。

No title

オナガガモが尾羽も長く、綺麗になりつつありますね。
大きく撮れたオナガガモに☆ポチです。

No title

キンタさん。ポチありがとうございます。生殖羽になりつつありますね。
プロフィール

noharatsugumi

Author:noharatsugumi
見沼の野鳥を中心とした自然を紹介しています

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR