たまには東京へ4/14「野鳥愛好会OB会」










出勤日だったんですが…お休みをして大学時代の野鳥愛好会OB会に出席です。まあ幹事ということもあったのですが…
今年も先輩の安西さんが探鳥会に参加。大井野鳥公園をスタートから造り上げてきた先輩からのガイドです。
僕が学生の頃は埋め立て地に汐入の池があるだけの何もない場所でした。最初に行ったのは夏の終わりのシギチのシーズンに…炎天下の中、識別の難しいシギチを…あまりいい思い出はなかった場所です。笑
さて…
まずはカルガモペア。左が♀、右が♂です。識別はおしりが黒い方が♂、また、三列風切の白色が目立つ方が♂です。
♀が動くと♂が動く…メイトガードだそうです。
ヒキガエルのオタマジャクシ。カルガモも捕食するそうです。
ここで…生物多様性は多くの種がいることが重要なのではなく、多くの種が存在することで人を含めた生物が生かされることが重要…なるほどです。
次はハシブトガラスの排出物。尿(白)と糞が一緒に排出されます。このような塊が5~7個あったのですが…1羽分だそうで…
すぐ近くにまた5~7個の塊が…
ペアで頭上の樹で夜を明かした証だそうです。ただペアで少し距離をおいて寝るようです。笑
鳥の出は今一つだったんですが…センダイムシクイがさえずりとともに見られました。
写真はまだいたオカヨシガモ♂にホシハジロ♀、ハシビロガモペアです。
まだまだいろいろなお話が聞けましたのでいつか紹介できればです。
ただその後の宴会で…忘れてしまったことも多いかもです。笑
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

今晩は。
2番目・水鏡がばっちりですね。
かもの種類はわかりませんが教えて頂いてありがとう御在ます。

No title

kenzさん。そうですね…年齢相応の楽しみ…同感です。
カルガモペア、以前の写真も見ているんですが…しっかりと区別ができそうですよね。

No title

ふくろうさん。確かに…僕も以前は普通にカエルの卵を見ていましたが…最近、見なくなりました。まだまだ都心部でも見られることは嬉しいことですね。
なるほど…観察日記ですか…我家でも子供が小さい頃にたくさん捕ってきて飼育した思い出があります。
生き物の成長を見て我々も成長ですね。

No title

taiさん。ナイスありがとうございます。
OB会、毎年実施しているんですが…ほんと楽しい一時を過ごせます。
オタマジャクシ…見る機会がどんどん減っているように思います。
カルガモの識別、結構簡単になるかもです。

No title

キプロスのネコさん。ありがとうございます。今年も楽しい一時が過ごせました。
それにしても安西さんのお話…勉強になりますね。時間が合えばなんですが…僕も安西さんの観察会に行こうかと思っています。
オオタカ、無事に…ですね。

No title

バーディー隊長さん。ナイスありがとうございます。
何歳になっても首に双眼鏡をぶら下げて…です。笑
カルガモの識別、意外と簡単にわかるようになるかもですね。
カラスの糞、こちらも注意深く見ると新しい発見があるかもですね。

No title

さんさんさん。天気も良く楽しい時間を共有することができました。
カルガモの識別、以前の写真も見ているんですが…意外と簡単にわかるようになるかもです。
オタマジャクシ…ほんと見なくなりましたね。

No title

笑公子さん。そうですね…皆さんも見なくなったと言われていますね。
僕も以前ほどはやはり見なくなっています。
共存の道…なんとかさぐらなければですね。

No title

ソングバードさん。安西さんも言われていたんですが…身近な鳥たちでもまだまだ分からないことはたくさんあるみたいです。
スズメやカラスもかなりあるそうです。
身近な鳥たちで何とかブログがアップできればです。
まあたまには珍しい鳥も撮りたい気持ちはあるんですが…笑

No title

Rinさん。ありがとうございます。そう言っていただけるととっても嬉しいです。笑
カルガモの識別、意外と簡単にできるかもですね。
カラスの糞からもいろいろなことがわかるようです。
ナイスありがとうございます。

No title

rumiさん。そうですね…記念公園あたりでそろそろ見られるかもですね。
オタマジャクシ…拡大して見るとすでに手足が出ている個体もあります。
カエルになるのはほんの一部だそうでして…残りは捕食されてしまう訳ですが…それが他の生物を生存させている訳でして…ということでとても大事なことになるようです。

No title

コサギさん。カルガモの識別、以前の写真も見ているんですが…意外と簡単に識別できるようになるかもです。
僕もこれからしっかりと見ていきたいと思っています。

No title

キンタさん。ナイスありがとうございます。
個体数は少なかったんですが…まだ居残っていたカモ類を、距離があったんですがなんとか掲載しました。

No title

ヨッシーさん。ナイスありがとうございます。
カルガモの識別。意外と簡単に識別できるようになるかもです。
カラスの尿と糞…結構見かけていますよね。地面も少し注意して…です。

No title

隆三さん。オタマジャクシ…最近はほんと見なくなりましたね。
皆さんもそう言われていますね。
なんとか守っていかねばです。

No title

Shigeさん。メイトガード、実は僕は初めて知った言葉でした。笑。昆虫類でもみられる行動なんですね。
ウシガエルがカルガモの雛を…ですね。確かにウシガエルも外来種なので…一概には…ですね。
カラスもツバメも寝るときは離れているそうです。

No title

MOONさん。ナイスありがとうございます。
カルガモの識別、意外と簡単に区別できるかもですね。とりあえずは生殖羽の時ってことですね。
カラスもツバメもねぐらで寝るときは離れて寝ると教わりました。
ツバメはあまり意識していない♂だった場合は距離が広がるそうです。笑

No title

keyさん。ナイスありがとうございます。
安西さんのお話は…ほんと楽しいです。
でもすぐに忘れてしまいますので…メモを取るようにしています。笑

No title

しげよあゆみさん。ナイスありがとうございます。
環境を見る上では、鳥は小さく周りの風景が写っていた方がいいのではと思います。
僕はついつい鳥をアップに…です。笑

No title

隆三さん。ちょっと暗かったんですが…なんとか撮れました。
小さな池ですので…水面も穏やかでした。
プロフィール

noharatsugumi

Author:noharatsugumi
見沼の野鳥を中心とした自然を紹介しています

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR