たまには千葉へ3/26「野鳥愛好会OB会in行徳」










土曜日、曇天ではありましたが、法大野鳥愛好会OB会が行徳でありました。
午前中は先輩で野鳥の会で活躍中の安西さんからいろいろなお話をお聞きすることができました。
そのお話の中から…

行徳の野鳥観察舎は耐震の関係で閉鎖。管轄する千葉県は無期休館を決め…
市川市議会は存続に向けての要望書を県に出すことが35対5で可決…
僕も存続に向けた署名をしました。
実は行徳のある新浜(広大なヨシ原・湿地・干潟)は1960年代まで日本でも屈指の野鳥の渡来地でした。ところが埋め立ての計画が…
そこで起きた反対運動が日本で最初の埋め立て反対運動であり、その後の日本の自然保護運動に大きな影響を与えています。その時から現在まで中心的に運動してこられた蓮尾さんにお会いすることもできました。

さて鳥の方ですが…
写真(1・2枚目)は話題になっているシマアカモズです。モズの仲間は亜種と亜種の交雑があり、識別はかなり難しくなっているとのことでした。正確には羽を調べて1mm単位で比較するとか…。
3~5枚目はクイナです。
6枚目はちょっと暗いんですがスズガモ♂です。
7枚目…カルガモですが…手前が雄、後方が雌のようです。雄は尾が黒いそうです。
8枚目…マガモ♀なんですが…
カルガモとマガモのDNA(正確にはミトコンドリアDNAのCOI領域約650塩基対ですかね)が全く一緒。なので交雑種も子孫を残せる。で、アヒル(マガモが家禽化)とカルガモの交雑が多くあるようで純粋なカルガモが減少?
その証拠に…飛んだ時にマガモは青い翼鏡の上下に2本の白線が…本来のカルガモは白線がありません。でも最近は白線のあるカルガモが増えているとのこと。
ぜひ飛んだ時に観察してみてください。
まだまだ興味深い話をたくさんお聞きしたんですが…このあたりで…笑
ラストに…アオキの花です。花の色はクロユリの花色にかなり近いとのことでした。
OB会の宴会でちょっと飲み過ぎました。笑
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

taiさん。お久しぶりです。ナイスありがとうございます。毎年この時期にOB会をやっていますが…毎回飲み過ぎます。笑。かなりの部分は埋め立てられてしまったようですが…一部だけでも残ったことはとても重要なだと思います。カルガモ、今後の動向が気になりますね。アオキ、ただこの花は雄花になります。

No title

ヨッシーさん。ナイスありがとうございます。シマアカモズ、意外とすぐにしかも近くに出て来てくれました。カルガモ、僕も飛翔時に注意深く見て見ようと思っています。

No title

kenzさん。僕も久し振りに訪れました。学生の頃は駅前は確かハス田だか田んぼだったように記憶しています。自然保護の始まり、僕も聞いてはいたと思うんですが、今回しっかり記憶することができました。

No title

Rinさん。そうなんです…シマアカモズ、最初はちょっと傷ついているのかと思いました。マガモの血が混ざったカルガモ…今度注意深く見てみようと思っています。

No title

キプロスのネコさん。OB会、ご苦労様でした。ほんと安西さんのお話、貴重な話ばかりでしたね。すごく勉強になりました。帰ってから蓮尾さんの文章を読んでみたんですが、なんだか涙か出そうになりました。自然保護に生涯を掛けて…すごいことだと思いました。探鳥会だけでも全然OKです。来年も楽しみです。

No title

rumiさん。そうですね、この日はちょっと寒かったです。ふくら状態ですね。マガモの血が混じったカルガモ…僕も注意深く見てみようと思っています。

No title

コサギさん。距離は近かったんですが…日射しが少しでも出ていればもっとよかったんですが…まあなかなか思い通りには…ですね。

No title

キクたんさん。ナイスありがとうございます。僕も久し振りに訪れました。学生の頃は駅前は確か蓮田か田んぼだったように記憶しています。クイナ、意外と警戒心がなかったです。

No title

隆三さん。ありがとうございます。鳥たち、距離は近かったんですが…もう少し明るければでした。まあなかなか思い通りには…です。

No title

いっしーさん。そうなんです、アカモズの亜種でして、結構珍しいと思います。クイナも意外と警戒心がなく、近くで撮ることができました。

No title

シマアカモズ 初めて見ました。

No title

このモズどこか違うような?と思ったら、やはりそうでしたか。一ミリ単位での比較とは!?学者レベルでないと、同定できませんね。この可愛らしさだと、ハンタ-の称号が不似合いですね。クイナは開けた場所に出てくれて、これ以上望めない感じです。ナイス!

No title

シマアカモズやクイナなど、見事に撮れましたね。ナイス

No title

おはようございます。
また消えていました、すみません。
スズメかと思ったら、見たこともないシモアカモズとは!貴重な野鳥ですか?クイナもなかなか見られません。ナイス!
石神井公園にいるのはアオクビアヒルでカルガモといつも一緒です。マガモと区別ができません。
アオキとクロユリの花の色が似ているんですね。面白いです。
今日、退職のルンルンでした。

No title

IKECHANNEさん。僕も初めてみました。でも結構あっけなく登場してくれました。笑

No title

ツユキさん。ナイスありがとうございます。そうなんです…アカモズの亜種でして、この亜種の飛来はこちらでは結構珍しいようです。確かにちょっと可愛すぎるかもですね。笑。クイナ、もう少し明るければもっと良かったんですが…なかなか思う通りには…です。

No title

キンタさん。ナイスありがとうございます。曇天でちょっと暗めではありましたがなんとか撮ることができました。

No title

ルンルンさん。ナイスありがとうございます。こちらこそお手数をお掛けしてしまっていますね。Yahooに代わって…申し訳ありませんです(笑)。アカモズの亜種なんですが…地味ではありますが結構珍しいです。クイナもいてもなかなか姿を見せてくれない鳥ですね。アオクビとカルガモ…交雑しているかもですね。
お仕事、ご苦労様でした。次のステップを楽しんで下さいね。

No title

カルガモとマガモの話、興味深いです。やがてテントウムシのように多様な模様が生まれるかもしれませんね。シマアカモズ、ナイスです。

No title

バーディー隊長さん。ナイスありがとうございます。なるほど…そうですね、多型ができるかもですね。シマアカモズ、意外と簡単に登場してくれましたのでちょっとビックリでした。
プロフィール

noharatsugumi

Author:noharatsugumi
見沼の野鳥を中心とした自然を紹介しています

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR