見沼たんぼの野鳥1/7「国昌寺」










連休が終了。しばらく仕事中心になります。
さて、7日は午後遅く、9日は早朝、10日は午後ゆっくり、見沼自然公園を中心に見沼代用水東縁をまわりました。
三日間で見られた鳥ですが…
オカヨシガモ ヒドリガモ マガモ カルガモ オナガガモ コガモ カイツブリ キジバト ダイサギ オオバン ノスリ カワセミ コゲラ モズ カケス オナガ ハシボソガラス ハシブトガラス シジュウカラ ヒヨドリ エナガ メジロ ムクドリ ツグミ ジョウビタキ スズメ ハクセキレイ カワラヒワ シメ ホオジロ アオジ
の計31種類です。
写真ですが…
1~3枚目…カワセミ♂、今回は餌を捕ることができました。
4枚目…同じ池でこちらも魚を狙うダイサギです。
5枚目…アオジです。
6・7枚目…陽が傾きかけて…キジバトとコゲラです。

8・9枚目…自然公園から東縁を2㎞程下ったところに…国昌寺があります。写真はその山門(薬医門)です。実は開かずの門なんです。
欄間の竜は左甚五郎の作と言われています。日光からの帰り、沼の竜が暴れて困るので助けて欲しいという村人の頼みを受けて、竜を彫り釘付けにして門に納めたそうです。
ところが…ある時の葬式でこの門を棺がくぐったところ、急に棺が軽くなり中の死体が消えてしまいました。竜に中身を食べられてしまった…ということから開かずの門になったそうです。
縄文海進以降、見沼は代用水ができるまで沼や溜井の時代が長く続きました。水神である竜神への怖れや願いから竜伝説ができたようです。
もう一つ、東縁に平行するように台地側に日光御成街道が通っていました。元は奥州街道です。前々回の鷲神社は、源義光が奥州街道を北上する途中に見沼のほとりに立ち寄り…左甚五郎は御成街道を江戸に帰る途中に見沼のほとりで…です。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

こんばんは。カワセミがきれいに撮れていますね ♪...ナイス 私もこの美しい野鳥に出遭いたいのですが、なかなかうまくいきません。(>_<)

No title

カワセミ君、餌が捕れて良かったですね、ナイス。
国昌寺、そして鷲神社それぞれの歴史が興味深いですね。

No title

カワセミの鳴き声聞いた事無いから 生きてるうちに聞きたいな~
「アオジ」って 体は黄色いのですね~ バカな素人の不思議です「ナイス」

No title

カワセミが、綺麗に撮れましたね。ナイス
アオジも綺麗です。

No title

〇〇さん。ありがとうございます。そうですね、平日はちょっと厳しいです。ただ2月から3月上旬あたりでお伺いできそうな時がありましたらゲストブックにてご連絡させて下さい。ご案内いただければ嬉しいです。

No title

taiさん。ナイスありがとうございます。飛び込む姿は撮れませんでしたが何とかここまでは撮ることができました。甚五郎作、そうですか結構あるんですね。歴史的なものを見るのも楽しいですね。見沼ではいろいろな竜伝説があります。

No title

キクたんさん。ナイスありがとうございます。埼玉平野部ではこの時季が一番見られる鳥の種類数が多いです。ただ撮れる鳥の種類はあまり多くないのですが…笑。アオジ、もう少し近くで撮れればです。

No title

いっしーさん。ここの公園のカワセミは人をあまり恐れないようでして、それなりの至近距離で撮ることができます。ただ近くで見られるかどうかは運次第です。笑

No title

くまのてさん。ナイスありがとうございます。ここの公園のカワセミは人をあまり恐れないようでして、それなりの至近距離で撮ることができます。

No title

Rinさん。コメントを読ませていただいてから僕もネットで見てみました。結構あるんですね。なかなか面白い内容でした。そうか、落語ですからね。笑

No title

kenzさん。飛び込むシーンは撮れませんでしたが何とか魚をくわえたシーンは撮れました。そうなんです、左甚五郎の作と言われています。歴史も面白いですね。

No title

霞ヶ浦流域ノ某住人さん。ナイスありがとうございます。ここの公園のカワセミは人をあまり恐れないようでして、それなりの至近距離で撮ることができます。歴史を調べるものとても面白いですね。

No title

ルンルンさん。ナイスありがとうございます。そうなんです…この冬はなんだかカワセミがたくさん見られます。ありがたいことです。3連休は日光に行かれてたんですね。記事を楽しみにしております。甚五郎ですが…しかも日光の帰りに立ち寄って…歴史を紐解くのも面白いですね。

No title

バードさん。ナイスありがとうございます。ここの公園のカワセミは人をあまり恐れないようでして、それなりの至近距離で撮ることができます。ただ近くで見られるかどうかは運次第です。笑

No title

ヨッシーさん。ナイスありがとうございます。最近、見沼でカワセミに出会える機会が増えました。嬉しいことです。国昌寺の山門の欄干にある竜の彫刻…左甚五郎の作と言われているようです。

No title

rumiさん。自然公園のカワセミは人をあまり恐れないようですね。最近よく出会います。嬉しいことです。アオジ、お弁当をくちばしにつけていますね。笑。多分、草の実とかだと思います。左甚五郎の作、ぜひ見てみて下さい。

No title

keiさん。ナイスありがとうございます。この公園のカワセミは人をあまり恐れないようでして、それなりの至近距離で撮ることができます。最近カワセミに出会う機会が増えました。ありがたいことです。

No title

バーディー隊長さん。ナイスありがとうございます。前回は不発でしたので、今回はちゃんと魚がとれて良かったです。そうなんです…歴史を紐解くのもなかなか面白いですね。興味は尽きません。

No title

笑公子さん。ナイスありがとうございます。北陸地方では春から秋にかけての出会いになりますね。河川や池などいくつかまわれば必ずいると思います。意外と見ることができる鳥です。アオジですが…雄の頭が緑色であるところから緑→青でアオジになったようです。ちなみに青い色の鳥はルリを使う場合が多いようです。

No title

キンタさん。ナイスありがとうございます。この公園のカワセミは人をあまり恐れないようでして、それなりの至近距離で撮ることができます。アオジはもう少し近ければ…です。
プロフィール

noharatsugumi

Author:noharatsugumi
見沼の野鳥を中心とした自然を紹介しています

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR