見沼たんぼの野鳥5/6「ムナグロにアカボシゴマダラ」







連休最終日となってしまいました。
さて、今日は早朝に再度ムナグロを見に行ってきました。
見ていた方にお聞きしたら33羽いるのではということでした。
何回か書いたんですが…
埼玉平野部でムナグロの飛来する場所は縄文時代に入江だった場所です。
干潟からその後の海退により湿地や沼へ…そして水田になったことでムナグロの生息する環境が継続されてきた場所です。
田んぼに水が入るとまさに縄文の海の再現ですね。
ラストは自宅の玄関脇にいたアカボシゴマダラです。
本来日本にはいないチョウでして、中国産のアカボシを誰かが放蝶し増えてしまったものです。放蝶ゲリラともいうようです。
6千年前から続くムナグロの飛来…人為的に放蝶されてしまったアカボシゴマダラ…
真の自然とは…考えねばです。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

凄いですね6千年前から飛来しているんですね、飛来する場所は縄文時代に入江だった場所とのことですが、飛来したムナグロにDNAが引き継がれているんですね。ナイスです。

No title

ムナグロいいですね。
私は、もう何年もあっていません。

No title

バードさん。ナイスありがとうございます。至近距離で撮ることができました。実は今日も見に行ったんですがこの暑さのせいか旅立ってしまったかもです。もう少し滞在してくれるかと思っていたんですが…。

No title

いっしーさん。干潟や水田で全国的に見られる鳥だと思います。ただ旅鳥ですので滞在期間が短い場合があります。一番見られる可能性が高いのは干潟だと思います。

No title

kenzさん。確かにムナグロは背筋を伸ばしている時が多いかもです。周囲を警戒しているのかもですね。アカボシゴマダラ…こちらでも数年前から見られるようになりました。

No title

バーディー隊長さん。ナイスありがとうございます。上手い具合に夏羽の個体を至近距離で撮ることができました。水田の維持が縄文の海を再現…なんだかいい話ですよね。笑。ただこの自然を維持していくことは大変なことかもしれませんね。

No title

MOONさん。ナイスありがとうございます。朝一番に行ったせいかかなり近くで撮ることができました。この個体はむしろ近寄ってきた感じでした。水田を維持する…農家の方や行政をまじえて守って行かなければですね。アカボシ…本人(蝶かな…笑)に罪はないんですが…出会わないに越したことはないかもですね。

No title

ルンルンさん。ナイスありがとうございます。水田が縄文の海を再現…なんだか夢のある話ですよね。そこに飛来するムナグロ…何とかこの環境を守っていければです。ムナグロは背筋を伸ばしている時が多いかもです。周囲を警戒しているのかもですね。アカボシゴマダラ…こちらでも数年前から見られるようになりました。。

No title

rumiさん。そうですね…水田が縄文の海を再現…なんだか夢のある話ですよね。実は今日も見に行ったんですが…この暑さのせいでもう飛び立ったのか見ることができませんでした。アカボシですが…ゴマダラチョウとの競合が心配されているようです。残念ながら影響はありかもです。

No title

keyさん。ナイスありがとうございます。一つの仮説ではあるようですが…縄文時代から飛来しているのではと考えられているようです。確かに一番心配なのは…これからどうなるか…ですね。水田を維持する…農家の方や行政をまじえて守って行かなければですね。

No title

キンタさん。ナイスありがとうございます。朝一番に行ったせいかかなり近くで撮ることができました。この個体はむしろ近寄ってきた感じでした。

No title

ソングバードさん。ハイ、上山口新田になります。ただ今日も見に行ったんですが…この暑さのせいで飛び立ってしまったのか…見ることができませんでした。ほんとムナグロは姿勢がいいですね。まあ周囲を警戒しているのかもですが…。見沼の鳥、暫く寂しくなりますね。

No title

メイさん。ナイスありがとうございます。そうですね…6千年前から飛来し続ける…なんだかいい話ですよね。ただ一番心配なのは…これからどうなるかですね。水田を維持する…農家の方や行政をまじえて守って行かなければですね。

No title

コサギさん。こちらでは毎年この時季に数十羽の群れが立ち寄ってくれます。飛来してくれるとなんだかほっとします。これからも飛来し続けることができる環境を…維持していかなければですね。

No title

放蝶ゲリラは固有種にも影響が出てくると思いますが、野鳥も放鳥ゲリラと言うのでしょうか?此方のフィールドではガビチョウが繁殖旺盛で困りものです。ハワイのウグイス、向こうでも嫌われているのでしょうかね。船旅の中で良く連れて行ったと思いますが、当時の娯楽だったのでしょうね。

No title

アカボシゴマダラ、話には聞きますがやはり増えているのですね。
チョウという視点で見ればシンプルかつ綺麗で魅力的なチョウではあるのですが、やはり困ったもんですね。
未来永久的に同じ自然を守り続けるのは極めて難しいことですが、やはり本来の姿のままあり続けてほしいですね。
ナイスです。

No title

ムナグロがたくさん居るのですね!
綺麗に撮れてます\(^o^)/

No title

メイさん。そうですね…ハワイではだいぶ前の話ですが…メジロが増えてしまいハワイ固有のミツスイ属に影響を与えているということを聞いたことがあります。ウグイスも増えれば必ず問題が生じますね。ガビチョウにソウシチョウ…あちらこちらで増えているようですね。鳥の場合は籠脱けという言葉が定着していますね。

No title

ガラパゴスさん。ナイスありがとうございます。そうですね…確か神奈川県で放蝶されたものが数年であっという間に分布を拡大して行ったようですね。赤色がなんとも素敵なチョウではあるんですが…。本来の自然…まずはそれを知る必要があるのかもですね。

No title

Misakiさん。ムナグロ…例年数十羽程が飛来してくれます。なんとかこの飛来が将来も続けばです。結構近くで撮ることができまして…ラッキーでした。
プロフィール

noharatsugumi

Author:noharatsugumi
見沼の野鳥を中心とした自然を紹介しています

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR