たまには山へ7/27「大源太山」






ブログを始めてから、土日は自宅周辺をまわっているので…山に行ってませんでした。
今週は見沼たんぼにも結構行けたので…久し振りに山に行くことにしました。
天気予報では快晴かと思ったのですが…雲が多く展望は全然ダメでした。笑
山は上越のマッターホルンともいわれている1598mの大源太山です。
鳥は囀りだけですが…カッコウ ホトトギス コゲラ ミソサザイ キビタキ コガラ ウソ です。
まあ、特徴的なのばかりかな。笑。他にも鳴いてましたが…名前がでてきませんでした。
若い頃はもっと知っていたと思ったのですが…これも怪しいかな。笑
さて、昆虫や花の写真を撮ったのですが(鳥は相変わらず撮れません。笑)…まあ、種別が難しいのなんの…まあ、山から帰るといつものことなのですが…山の疲れより、識別で疲労困憊です。笑
さて…少し平野部でも見られる昆虫に近いものを…
2枚目…アキアカネだと思います。胸の模様が、この前撮ったナツアカネと比べられます。
3枚目…ヒメシジミでしょうか。アサマやミヤマも似てますよね。
以上の2種類は稜線でたくさん見られました。
4枚目…降参です。笑 (イカリモンガというガの仲間でした。ありがとうございます)
他にも降参があるのですが…この辺で…笑
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

どの写真も図鑑にして見ていたいような 素晴らしいものばかりですね。お気に入りにさせてもらいました「ポチ」

No title

トンボはアキアカネで正解です。ミヤマシジミは平地の蝶でヒメシジミは山地の蝶と分かれています。ヒメシジミとミヤマシジミはとても似ていますが、裏バネのオレンジの帯の中にキラキラと輝くブルーの
斑紋がミヤマシジミには入っています。ヒメシジミは日光では結構多く出会えます。ヒメシジミで間違いないと思います。最後の昆虫は蛾の一種で「イカリモンガ」と言います。蝶のような飛び方ととまり方をしますので、蝶と間違う方が多いと言われています。触覚がストレートですのこの部分を見るだけで蛾と判断出来ますよ。。

No title

山は珍しいですね、でも天候は寒気団が入ってくるので雷が怖いときでしたよ。特に午後はです。そんなときに昆虫の撮影ごくろうさまでした。楽しまれましたね。

No title

笑公子さん。ポチありがとうございます。私もお気に入りに登録させていただきました。今後ともよろしくお願い致します。

No title

ヒメシジミが綺麗に撮れましたね。☆ポチ
私も名前の分からないものばかり増えて、困っています(笑い)。

No title

Kappaさん。いつもありがとうございます。アキアカネとヒメシジミ、安心しました。イカリモンガですね。絶対にチョウだと言う先入観がありました。正直ガとは思っても見ませんでした。なるほど、触覚ですね。確かに…大変勉強になりました。今後ともよろしくお願い致します。

No title

kinosさん。ブログをはじめる前は、一月か二月に1回ぐらい山に行っていました。この夏はちょっと登ろうかと思っています。寒気団が入ってましたか…雷は本当に怖いですよね。今後とも気をつけて行きたいと思います。ありがとうございます。

No title

キンタさん。ポチありがとうございます。以前は山に行った時、花の写真をけっこう撮ったのですが…家に帰って…山の疲れにプラスして、本当に識別で疲労困憊でした。笑。今後は昆虫類の悩みも増えそうです。笑

No title

同定難しいですね!私も写真を撮ったのは良いけれど・・・あなたは誰???って事が多いです^^;;これから山の写真も見れるのでしょうか?楽しみです^^ポチ!

No title

MOONさん。ポチありがとうございます。本当にあなたは誰って感じの写真がありますよね。笑。山はタイトル通り、たまには…ですが、夏はあと2回ぐらい行きたいです。

No title

やはりお山に行ってたんですね。
いろいろな鳥の声が聞けてうらやましいです。
虫の写真もきれいですね。ポチ!

No title

umesanさん。はい、行ってきました。1枚ぐらい鳥の写真が撮れても…って思っていたのですが…ダメでした。笑。まあ、歩くのに精一杯ってとこもありましたが…。体力をつけて、この夏あと何回は山にチャレンジしたいと思っています。
プロフィール

noharatsugumi

Author:noharatsugumi
見沼の野鳥を中心とした自然を紹介しています

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR