自宅周辺の野鳥4/30






今日も最高の天気でした。結局GWの前半は自宅周辺の散策のみとなりました。
今日も朝と午後に原市沼川と調節池をまわりました。
見られた鳥です…
カイツブリ カワウ コサギ アオサギ カルガモ キジ バン コゲラ ヒバリ ツバメ ハクセキレイ セグロセキレイ ヒヨドリ ツグミ ウグイス(V) オオヨシキリ センダイムシクイ(V) セッカ シジュウカラ ホオジロ カワラヒワ スズメ ムクドリ オナガ ハシボソガラス ハシブトガラス の計26種類です。
屋敷林から「焼酎一杯グイー」のセンダイムシクイの囀りが…
この時季、毎日の新しい出会いが新鮮ですね。
見られた鳥の割には、写真の方はなかなか撮れずですが…まあ、のんびり行きます(笑)。
さて、写真の方は…
1枚目…護岸工事されていない原市沼川です。対岸の樹木はミズキです(見沼でも斜面林でよく見られます)。写真左側にはアシ原が広がっています。この場所ではまだオオヨシキリは飛来していませんが、これからが楽しみです。
2枚目…ミズキです。
3・4枚目…この景色の中でくつろぐカルガモです。
5枚目…1枚目を撮った足元で…アジアイトトンボの♀のようです。

スポンサーサイト



自宅周辺の野鳥4/29








今日は最高の天気でしたね。見沼たんぼに行こうと思ったのですが…結局自宅周辺をまわりました。
朝と午後にいつもの原市沼川周辺です。
見られた鳥ですが…
カイツブリ ダイサギ コサギ アオサギ カルガモ キジ バン タシギ コアジサシ キジバト カワセミ コゲラ ヒバリ ツバメ ハクセキレイ セグロセキレイ ヒヨドリ モズ ツグミ ウグイス(V) オオヨシキリ セッカ カワラヒワ スズメ ムクドリ ハシボソガラス ハシブトガラス の計27種類です。
オオヨシキリは今年の私の初認です。でも、朝に1羽見られただけでした。
同じく朝、調節池予定地でコアジサシ2羽が、目の前で次々にホバリング…しかしダイビングはありませんでした。魚を捕れず…写真も撮れず…でした。(笑)
(見沼の私のフィールドでは、2001年にサギ山記念公園の池でダイビングをよく見ました。実はサッカーW杯に向けた、近くにある埼玉スタジアム2002の建設に伴う裸地でコアジサシが繁殖した為でした)
写真の方は…
何とかやっと撮れた、電線に止まったツバメ(1・2枚目)
スギナとクズの茂みの中から顔を出すキジ(3・4枚目)
原市沼川のカイツブリ(5枚目)
レンゲソウ(6枚目)とオニタビラコ(7枚目)です。

自宅周辺の野鳥4/28




午前中1時間程でしたが、自宅周辺の原市沼川を散策しました。
見られた鳥です…
カイツブリ カワウ チュウサギ アオサギ ハイタカ キジ ヒヨドリ ツグミ ウグイス(V) シジュウカラ メジロ ホオジロ スズメ ムクドリ オナガ(V) ハシボソガラス ハシブトガラス の計17種類です。
ただしハイタカはじっくり見れなかったので…何ともです。ただ、カラスがモビングをしたので、その大きさの比較から…また、ツミにしては大きいので…やっぱりハイタカ♀かな(笑)。
写真の方は…縦長シリーズで…
またまた電柱にとまったカワウ…東北上越新幹線の高架線の上です。
2枚目3枚目は…見沼でも用水沿いによく見られる、ギシギシ(2枚目)とスイバ(3枚目)です。
ギシギシの方は何種類かあるようで…ギシギシの仲間かもです。(スイバは22日に綾瀬川で撮った写真です)
以前、軽い喘息の症状がでた時、スイバ(スカンポ)を煎じたのが良いとのことで、義母が干してくれたものを煎じて飲んだのですが…咳の方は?でしたが…でるわでるわ…大のほうが大変よく出た記憶があります(笑)。

見沼たんぼの野鳥4/26





2週間ぶりに見沼たんぼへ。見沼自然公園にはなんと20日ぶりでした。
外出の制限時間は1時間。しかし、30分経過後に雷雨が…。職場に戻ってちょっとしたら、やんでしまいました。
今日はどうも見沼の竜神様のご機嫌がよろしくなかったようで(というか私の日頃の行いのせいでしょうか?笑)…
短い時間でしたが…
キジバトのカップルに心を和まされ…
コゲラが青虫をたくさんくちばしでつまむシーンに(育雛中なのでしょうか)…ちょっとしか聞き取れなかったのですが、多分キビタキの声に…季節の進行を感じ取りました。
見られた鳥は…
カルガモ キジバト コゲラ ヒヨドリ スズメ ハシボソガラス ハシブトガラスの7種類です。
さて、4枚目の写真ですが…これは心和む話ではないのですが…
21日に原市沼川で撮った花の写真です。
図鑑で見ると…一番近いのがカワヂシャ。しかし、カワヂシャの花は4mm(同じく4mmのタチイヌノフグリの写真を撮るのに、ピント合わせで苦労したので、4mmという大きさはしっかり身についています)…どうにも大きすぎる…
ネットで調べた結果…オオカワヂシャ…何と特定外来生物に指定されていました。近縁の在来種であるカワヂシャの方は準絶滅危惧種に指定されています。オオカワヂシャ、可憐な花なのですが…

自宅周辺の野鳥4/22






埼玉は数日前の天気予報では雨でしたが…風が強かったのですが、何とか天気はもちました。
朝は家のまわりを、午後は原市沼川と調節池を見てまわりました。
昨日は選挙演説で…「調節池が運動公園として整備されるよう尽力いたしました」…そのままが一番良いと思うのですが…(苦笑)
さて、本日見られた鳥は…
ダイサギ チュウサギ コサギ アオサギ カルガモ バン タシギ キジバト ヒバリ ツバメ ハクセキレイ ヒヨドリ ツグミ セッカ カワラヒワ スズメ ムクドリ ハシボソガラス の計18種類です。
チュウサギが5羽+いました。ちょっと距離がありましたが…何とか撮ってみました。
花の写真は昨日撮ったのを含めて…
3枚目…私の住む住宅地横の田んぼに生えたオオジシバリです。
4枚目…綾瀬川沿いのトウダイグサです。
5枚目…綾瀬川沿いのカスマグサです。(ピントはあっていませんが、バックの紫色がカラスノエンドウ、白色がスズメノエンドウです。そして、大きさ的に「カ」と「ス」の「間」ということでカスマグサだそうです(笑)。ムク(ドリ)ノエンドウとかにでも改名してあげたいですよね)

自宅周辺の野鳥4/21







今週は長い一週間でした。皆さんへのコメントやお返事ができず(遅れて)、申し訳ありませんでした。
来週も?ですが、何とかフィールドに出てブログを更新したいと思っています。
今日は午後に、自宅周辺の綾瀬川沿いや原市沼川沿いを見てまわりました。綾瀬川沿いも見沼と同じ環境ですが、見沼よりも田んぼが多く残されています。
さて、今日見られた鳥ですが…
カイツブリ カルガモ チョウゲンボウ コジュケイ(V) キジ キジバト ヒバリ ツバメ ヒヨドリ ツグミ ウグイス(V) セッカ(V) シジュウカラ メジロ カワラヒワ スズメ ムクドリ ハシボソガラス ハシブトガラス の計19種類です。
久し振りにチョウゲンボウのホバリングを見ました。
写真ですが…
1・2枚目…さすがにそろそろ渡りかな…ツグミ。(私の記録ではゴールデンウィークまで見たことがあります)
3枚目…原市沼のキジです。
4枚目…以下、黄色シリーズで(笑)…モンキチョウです。
5枚目…コオニタビラコ(春の七草のホトケノザは、このコオニタビラコのことです)
6枚目…アカカタバミ(葉が赤茶色ですが…花に赤い輪が出ます)

見沼たんぼ雑記4/18「見沼の地史」



フィールドになかなか行けないので…少し志向を変えて…「見沼の地史」です。
本業に近い仕事で使用予定の写真です(試作品)。…細部はまちがいもありますが…概略はつかめると思います。
さて、時代はまず13万年前に遡ります。
1.温暖化の時代(氷河が融けて海水面が上昇した時代。下末吉海進といいます)。埼玉の平野部は古東京湾とよばれる海の底でした。
2~4.2万年前のウルム氷期に向かって海面は徐々に低下(氷河が形成されるので)。最大120mぐらい低下し、東京湾は古東京川の谷に。埼玉平野部でも谷がつくられ…グランドキャニオンのように…(この平らな面が台地となります)
5.6千年前をピークに、また温暖化の時代。奥東京湾とよばれる海が谷に侵入しました。(縄文海進といいます。貝塚が当時の海岸線に形成されました)
6.海岸線は現在の位置に後退。谷底に土砂が堆積し、低地ができました。
7.もし、AとBを塞いだら…
①縄文海進以後、荒川(当時の入間川)の自然堤防でふさがれ、見沼(三つの沼?)が誕生!
②1629年、現在のJR武蔵野線の南側に築かれた八丁堤により、見沼溜井(貯水池)が誕生!
③1728年、見沼溜井を干拓・新田に…。見沼溜井に代わる用水、見沼代用水が完成。見沼たんぼが誕生!

自宅周辺の野鳥4/15







今日は朝と午後に自宅周辺の原市沼川と調節池で観察しました。
見られた鳥は…
カイツブリ ダイサギ コサギ アオサギ カルガモ コガモ コジュケイ(V) キジ バン チドリsp イソシギ タシギ キジバト コゲラ ツバメ ハクセキレイ セグロセキレイ ヒヨドリ ノビタキ ツグミ ウグイス(V) セッカ(V) シジュウカラ メジロ ホオジロ カシラダカ アオジ カワラヒワ スズメ ムクドリ オナガ ハシボソガラス ハシブトガラス の計33種類です。
セッカの声(今年の初認)、渡り途中のノビタキ、まだ残っている冬鳥たちなどで…とても多くの種類が見られました。
しかし…鳥の写真の方は…撮れた数も少なかったのですが…ほぼ壊滅状態でした(笑)。花の方は何とか撮れたので…花を中心に…
まずは、ごくごくポピュラーな鳥花蝶を…
1枚目…鳥の写真が撮れず、しょげて帰ってきた家の横で…そんなもんですよね(笑)
2枚目…これからの時季、どこでも見られる…ハルジオン(つぼみが下を向いているので…)
3枚目…見沼でも最もよく見られるベニシジミ。(ブログに蝶の写真を載せるのは始めてです)
4枚目…家の横で撮ったカタバミ。これは日本だけでなく世界的に分布しているコスモポリタンです。(出張?で行ったシドニー近郊でも生えてました)
5枚目…アリアケスミレでしょうか。最初、ツボスミレかと思ったのですが…葉が細長かったので…
6枚目…これはちょっと曲者?コゴメイヌノフグリ…オオイヌノフグリをちょっと小さくした白い花です。図鑑では判らず…ネットでイヌノフグリからフラサバソウへ、そしてこのコゴメにたどり着きました。もし、ご存知でしたらコメント下さい。




     

見沼たんぼの野鳥4/12





今やれる仕事を少し後回しにして…1時間半程田んぼへ…結局、家で仕事も…更新が遅くなりました(笑)。
今日は4月分のカウント調査をかねて、上野田橋~国昌寺間を歩きました。
見られた鳥ですが…
カワウ カルガモ キジ(V) キジバト コゲラ ヒバリ ツバメ ヒヨドリ ウグイス(V) シジュウカラ メジロ ホオジロ アオジ スズメ ムクドリ カケス オナガ ハシボソガラス ハシブトガラス の計19種類です。
写真は…
1・2枚目…用水に散った、桜の花びらの中を泳ぐカルガモです。
3枚目…再度挑戦スズメ。
4枚目…桜の古木の根元に咲いたハルノノゲシです。(葉の付け根が尖っているので…そうだと思います)

自宅周辺の野鳥4/10





今日は午後にちょっとだけ明るいうちに家の周辺を散策できました。
見られた鳥は…
キジバト ヒバリ ツバメ ハクセキレイ ヒヨドリ ツグミ スズメ ムクドリ ハシブトガラス の計9種類です。
ヒバリかツバメを撮ろうと思って行ったのですが…
飛んでるツバメ…飛んでるヒバリと遠くのヒバリ…今日はご免なさいでした(笑)。
身近な自然をモットーにしているのに、そう言えばスズメの写真が…
スズメの写真、今後ともより一層の努力をして行きたいと思っております(笑)。
3枚目は…トキワハゼ(ムラサキサギゴケとは微妙に違っています。当ブログの3/24に写真あり)
4枚目は…キュウリグサ。我家の周りにもたくさん生えていますが、花の直径は3mm程度。小さいながらもワスレナグサにそっくりな花です。

プロフィール

noharatsugumi

Author:noharatsugumi
見沼の野鳥を中心とした自然を紹介しています

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR